チョンポンおいら

彼探アナザー
君と破滅しあうリレー小説

07/19(木)04:55
チョンポン
タイトル:そのろくのく
「あんた寝てると思ってたわよ」

隣でそろそろ大量に持ってきた菓子を食べ干しかねない緑ちゃんも驚いた様子できいてくる

「ちッ!じゃあもうい…」
「聞かせてください!!なんです!?魔法使いが何ですか!?」

不機嫌な顔で話をやめようとしたオレンジさんをなんとかなだめるように慌てて止めると溜息とともに再度話をしてくれた

「…魔法使いは結局何がしたかったんだ?その姫の事傷つけたくないとか言ってやってることめちゃくちゃじゃないか。大量のおとこけしかけたり、とか。そんなに姫が挫折するとこが見たかったのか?」

かなりの語弊があるように感じたがまぁ間違っちゃあいないし何よりちゃんと聞いていてくれたことがうれしかったので苦笑いしつつ答えた

少し迷ったが言うことにした

「魔法使いは姫様の事が好きだったんだ。けれども魔法使いは姫様の事を幸せには出来ないことがわかっていた。だから自分が認める男と姫様を幸せにすることを望んでいた。いうなれば父親心みたいなものだね」
5.過去の日記 6.前日
7.応援メール
PCサイトはこちら

次は おいら