another answer

アイのウラには何がある
「さあ、いっそのこと何もかも壊してしまおうか」

11/18(土)10:18
another answer
タイトル:もうちょっと
気分:つづき

やっぱりバツイチの人が「相手の人は初婚で〜若くて〜かわいくて〜好みのタイプの人で〜」みたいなのは注文をつけすぎというか、自分のことは棚に上げて理想が高すぎると思うんですね。
私みたいに「自分が初婚だから相手の人にもそうあってほしい、バツイチはちょっと(;^ω^)」という人もいるし、絶対に同じような人同士の方が理解し合えると思うんですよ。
その方がお互いにとってプラスになるはずだし、初婚の人がバツイチの人との結婚を考えるときは、よっぽど相手が魅力的だったり、何らかのパッシブスキル(?)がある場合だと思います。
とてもじゃないけど、別に対して魅力的ではなかったし、すごい普通の人…という感じでした。
せめてトーク力を上げてその場を盛り上げるとか(私が頑張って喋っている感じでした)、そういう努力が必要だと思うし、努力をしないで「初婚の人!若い子!かわいい子!好みの人!」という風に注文をつけすぎるのは違う…と思います。
まず自分が魅力を上げてからですね。

新人くんが何か「ウッヒョーイ!!↑↑」という感じでテンション上がっちゃってるときは、私は「ふーん」という感じでいればいいし、「何一人で勝手に舞い上がっちゃってんの?」という目で見ていればいいと思います。
バツイチさんもだったけれど、自分が「いいな!」と思っている人と話しているから楽しいのと嬉しいのとで舞い上がっちゃってそういう風になるんだろうなぁ。
でも、女性からしたらすごく「あっそうなんだ、ふーん(;^ω^)」って感じなんですけどね。
温度差…\(^o^)/
多分、男性が自分で「あのとき舞い上がっちゃってたなぁ」と思うのはだいぶ後なんでしょうね。
新人くんは若いから、尚更イノシシみたいなところがあるんだと思います。
放っておけばいいし、逆に言うと放っておくしかないというか、それが一番の対策だと思います。
相手にしてあげると喜んじゃうだけなので(笑)
家族(兄)とかを見ていても思うのですが、やっぱり男性は構ってもらえると嬉しいんだろうな、と思いますね。
こっちが怒っているだけでも、それを「構ってもらってる!」と受け取ったりとか超ポジティブ。
ちょっと見習いたいですね(笑)

ということで、「壁を作っていこう!」という話でした\(^o^)/

5.過去の日記 6.前日
PCサイトはこちら

次はanother answer