マツノユリコ

WJ感想交換日記(交換してないんすけど…)

07/25(火)21:46
ユリコ
タイトル:2017年34号(6)
気分:右腕にだけ美白ケアをすべきなのか?

●ハイキュー
田中先輩はただの元気者ではない!
繊細ハートでプレッシャーと戦っている!
相手チームの角名さんは、田中先輩を追いこもうとして圧を加えてきているし
でも、そんな苦しい状況に追われて耐えている、って、観客席の
大将さんや叶歌ちゃんたちなどがわかってくれてるのはいい。
これさー、そこまで詳しいことわからないと、
「なんだあの坊主頭調子悪いな ヘタクソだな」って思われちゃうじゃん。
田中先輩が耐えているの、見てて私も辛かった。
頼む ここで決まってくれぃ。
決まる…よな? 勝負は非情、とか、ならないでくれよ?
だって、田中先輩の
『 ところで 平凡な俺よ  下を向いている暇は あるのか 』
おおおおおーーー!むちゃくちゃかっこいいいいいいーーー!
涙出そう。
そうか、「尊い」ってこういう時に出る言葉なのか。
で、そのセリフの前に 潔子さんのと叶歌ちゃんのコマが並ぶ。
なんだよなんだよ、田中先輩が好きな人と、田中先輩を好きな女の子を
意味深に並べるとは。どっちにするのー!?みたいな。
私は潔子さんを崇め奉りますが、叶歌ちゃんを応援したい。
控え席で気合い入れて叫びまくってるスガさん。
「あの2番の子おとなしそうなのに…」って言われてる。
ぱっと見、おだやかでおっとりさわやかイケメンなのに、ってことですな?
(「おとなしそう」しか言ってないのに行間を補完しすぎかしら?)

●火ノ丸
全日本選手権では天王寺さんが優勝。
この人の笑顔は本当、頼もしい、って感じ。
この時潮くんは準決勝で天王寺さんと当たって破れ、第3位。
この先、星を取ったり取られたり、を繰り返すライバル同士になるって
天王寺さんが言ってたのがジワーっと胸アツです。
そういや今大相撲で活躍してる人たちも、少年相撲の時からずっと
顔を合わせてた人たちが多いって聞いた。そりゃそうか。
子どもの頃から才覚を現してきた者が大相撲に進むんだ。
潮くんも大相撲行きの資格ゲット。
でも、高校は辞めなきゃならないらしい。
潮くんって高1だよね?
でも進む道が決まっているなら高校に在学する必要無いもんな。
ヒカルの碁で、ヒカルが進学しなかった時も、
『そっか そういうもんなんだな』って思ったっけな。
5.過去の日記 6.前日
7.応援メール
PCサイトはこちら

次はマツノ