語りべ管理者

竜の伝説〜飛翔〜
〜そして伝説へ〜

11/21(火)11:51
語りべ
タイトル:その頃二人は2
気分:次回更新は28日(火)予定です


 手加減をしている。というわけではなかったが、どうにも先ほどから集中力が散漫になっていた。
 原因は魔物退治開始に聞いた爆発音にあった。
 あの爆発は何だったのか。
 レオは違うと即否定したが、もしかすると魔物の襲撃ではないのか。
 そんな一抹の不安を抱いてしまってならないのだ。

「やっぱりちょっとランシールに帰らない?」
「なんでだよ」
「なんとなく…?」

 と、そのようないい加減な理由を言われたところで納得するレオではなく。

「まさか俺に勝ち逃げされるのが嫌とかってわけじゃねぇよな」
「そんなまさか」

 その返答も間違いであった。
 直後レオは更に不機嫌そうな顔を見せつけ、「じゃあ勝負続行だろ」と言ってサンドイッチを頬張った。
 思わぬ地雷を踏んでしまったと後悔する反面、アルスはレオの珍しい横顔に苦笑をせずにはいられなくなる。
 いつもは皮肉屋で皆を陰でまとめるような冷製な顔ばかり見せている彼が、今はそれとは違う――あの子供の頃のような無邪気な一面も窺えるからだ。

「そんな怒らなくても」
「別に怒ってねえよ」

 二人はそう言い合ってサンドイッチを食べきり、魔物退治を再開するべく立ち上がった。
 丁度そのときであった。
 二度目の爆音――ムクロの襲撃――が聞こえてきたのだ。







5.過去の日記 6.前日
PCサイトはこちら

次は管理者