メイン管理人1号サブ管理人2号サブ管理人3号

サンプルこうかん日記
〜管理人の憂鬱(午後の一杯)〜

2001年07月の交換日記

2001/07/31(火) 19:01:29 テレビデオ
タイトル よいさー 今日の気分マロン君


智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。
兎角に人の世は住みにくい。

ふと、こんな事を呟いてしまうぼくですが、皆さんは元気ですか?

そうですか、ゲームボーイアドヴァンスを買ったのですか。
ぼくは、まったくゲームはやらないのですが、「ファミ通」は立ち読みをします。とくにお便りコーナーは、ぼくが子供のころから、かなり高いレベルを保っていて、いまだにチェックしています。

そういえば、明日はもう8月ですね。
それでは、また。ダー!!

2001/07/21(土) 18:52:50 どす恋喫茶
タイトル われ思うゆえにわれあり。


画面の前のチビッコ達のお友達どす恋です。

先日ゲームボーイアドヴァンスという、なんとなくフランスの田舎町を
連想させる名前の携帯ゲーム機を買いました。

ゲームボーイとは結構古い付き合いで、初めて手にした初代GBは
当時価格3万円くらい(?)だったかな。
自分で買ったわけじゃないのでウロ覚えですが。
なんせ「めちゃ高!!」でした。

そして初めて手にしたソフトはなんと言っても
「テトリス」
実は今、アドバンスでこのテトリスを、カラーで楽しんでいます。
初代GBは逝き、1200円で購入したGBポケットも死んだ今、
最新機器の時代になっても楽しめるテトリスは、スゴイ。

買ったのが小3くらいだから、実に10年以上の長寿ですね。
これもパッケージが変わったりして、未だに赤ラベルのテトリス
持っている人は少ないのではないでしょうか?

しかしですね。
初代から同じソフトを遊べるGBはすばらしい。
任天堂さんにメロメロな、どす恋でした。

お正月には花札買います。多分。
(本当はセガさんに頑張ってもらいたいのですが・・・)

2001/07/17(火) 16:56:23 しっぽ
タイトル 降りそうです…あめが 今日の気分クーラー病(!?)


なんだか、雨が降りそうです。
雷は怖いですが、ザ――――っとおもいっきり降るのは好きです。
何も考えずに雨に濡れるのも好きです。
なんとなくね。

『A.I』
うちの親が見に行ったらしいのですが、感想を聞くと
「子供が居る親には、考えさせられてぐっとくる映画だったよ〜」
だそうです。子供が居ない私はどうなんでしょうか…う〜む。
パールハーバーを見に行こうと誘われてます。
歴史とか戦争とかあんまし興味がないのでちょっと…という感じです。
ちょっと小耳にはさんだんですが、アメリカでは『戦争』色が強い映画
という捕らえ方らしいんですけど、日本では『恋愛』色が強いですね。
これまた小耳にはさんだんですが、監督が「アルマゲドン」と同じで
話の進め方もそっくりだとか…。
ビデオで良いじゃんとか思ってしまいました。
う〜む。
映画かぁ・…見に行くぞっ!っていう覚悟(!?)みたいなモノがないと
なかなかお尻があがりません。
たまには、見に行ってみようかな…

2001/07/17(火) 13:51:07 せんじゅくん
タイトル 押井ズム再び 今日の気分ぐるぐる


「千と千尋の神隠し」は自分も見たいところです。
夢に出そうな風景が映像化されてて、なんともいえない味わいが。
金曜ロードショーで放映されそうな気がしますが、あれは映画館で見たいです。
ちらかった自分の家の居間では幻想空間の映像には浸れませんから(笑)

あと、「マトリックス」ですが、本編を見終わったあとに「攻殻機動隊」ってアニメ見ると、色んな意味でさらにマトリックスが楽しめます。
是非。



それにしても最近、通勤途中の電車内から学生さんの姿が消えたと思ったら

もう夏休みなんですね。高校とかは。
すっかり忘れてました。
こないだまで学生だったのに。

2001/07/16(月) 12:01:27 あかへびくん
タイトル ささやかな日々 vol.038 今日の気分すずしげ


映画といえば、話題の映画
「AI」、「千と千尋の神隠し」
は、取り合えず見ておきたいです。
が、

いつも見に行きたいと思いながら
面倒とかビデオで見ようとかそんなこんなで
自分から映画館に足を運ぶ事はほとんどありません。

ビデオがレンタルされても
面倒とかテレビでやるやろうとかそんなこんなで
自分で借りに行く事はほとんどありません。

実はあんまり映画見るの好きじゃないのでしょうか。
以前買ったメイキングしか見てないマトリックスも見ないと。

2001/07/11(水) 20:29:49 天イチ氏
タイトル 居残り 今日の気分なぜだか


何となく帰る気がしなくて独りの会社でこれを打っております。
昔の映画ですが、僕の一番好きな映画は「アマデウス」です。作曲家の
天才モーツアルトと、地位は高いけど凡才のサリエリとの確執を中心に
物語は回ってゆくのですが、豪華絢爛な映像美と上手いことマッチング
された音楽、特に最後の方のモーツアルトが死にゆく時にバックで流れる
レクイエムのシーンが最高です。(もうかなりうろ覚えですが)
それと、サリエリがモーツアルトの作曲した楽譜をチラッと眺めてしまった
瞬間にその曲の美しさに感動してハラハラと楽譜を落としてしまい、
かつ、自分に無いその才能に憎悪を感じるシーンも胸を打ちます。
初めて見た時はサリエリをめっちゃ悪人に思えたのですが、年をとるに
連れてなぜかサリエリの方が身近に思えてきて、何を書いてるのだわしは...
ほんじゃまた!


新着順1 - 6 記録件数 6
●1回の表示で 10 件を越える場合、[次のページ]ボタンを押すことで表示されます.