another answer

アイのウラには何がある
「さあ、いっそのこと何もかも壊してしまおうか」

2017年11月の交換日記

2017/11/30(木) 20:25:42 another answer
タイトル つづき


まあ「日本人の男性は何でこんなに陰湿でネチッとしていて遠まわしで意味の分からないことばかりやってるんだ…?」と思いますね。
もっと思っていることをそのまま伝えた方が返って相手には印象がいいのにな、と思います。
あとは余計なことは言わない・しない、これに尽きると思います。
新人くんは本当に余計なことばっかり言ってるので…(´・ω・`)(チラー見ィもそうだった)
結局、自分の気持ちを隠して回りくど〜いことばかり言ってても何にも伝わらないんですよ。
それでは意味がないですよね。
「じゃあどうすればいいか」は自分で考えるべきだと思います。

まあ正直なところ、私は「迷惑だな〜〜」や「ウザいな〜〜」ぐらいにしか思っていないのですが、「それって全然自覚ないの?本当に?」という気がします。
私がそういう風に思っているのがちょっとは分かっているんじゃないの?ということですね。
今月は「アウト!」って感じだったのですが、来月はもうちょっと落ち着いてくれるといいなぁ〜〜無理かなぁ(笑)
チラー見ィもそうだったのですが、恐らく「自分が!自分が!」という感じで自分のことだけで精いっぱいで、他の人の気持ちだったり、どうすれば職場(課)全体がスムーズに仕事が回るかだったり、そういうのは考えられないんだろうなぁと思います。
あとは「気に入られたい」「好かれたい」「よく思われたい」かなぁ。
それも根本的に考え方が違うと思うんですよね。
考え方が違うというか、余計な下心がいっぱいあるからそういうことを思ってしまうわけで、はっきり言って「よく思われたい」系の気持ちは邪な気持ちから来てると思うんですよ。
逆に余計な下心だったり、邪な気持ちだったり、そういうのを一切捨て去った方が自分が楽になれるし、返って相手も受け入れてくれると思います。
ある意味「煩悩」だと思います。
新人くんはイノシシみたいな感じだし、まだ若いから「一直線!」って感じで煩悩を捨てるのは無理なんだろうなぁ。
まあ仕事中に変なことを考えるのはやめてね〜〜って感じですね。
繰り返しになるようですが、私は彼が自分のことをきちっとやってくれている方がよっぽど嬉しいし、「熱視線攻撃!」とか「聞き耳攻撃!」とかはやめてほしいですね(笑)
チェリーちゃんはしょうがないね…(?)

2017/11/30(木) 19:44:43 another answer
タイトル *


今日も新人くんがやたらとウザい一日でしたね…(´・ω・`)
私が隣の席の先輩や上司さんの上の人と話しているときに聞き耳を立てているのが分かるし、ななめ向かいから熱視線を感じるのですが、そんなことより仕事に集中してほしいですね(笑)
「あっ見てるな…」というのが分かります。
「ねえねえ!ねえねえ!」という感じがだいぶなくなって、それはそれで楽になったのですが、「ねえねえ!ねえねえ!」の代わりに、やたらと聞き耳を立てたり熱視線を送ってきたり…ということをするようになりましたね。
どっちもウザいです(笑)
新人くんがそうしている間にも、私は虎視眈々と自分のことをやっているだけなんですよ。
何か煩悩まみれなんだろうな…とか、仕事中にろくなことを考えてないんだろうな…というのが容易に想像できます(笑)
本当にチラー見ィにそっくりです。
というのはつまり「仕事ができない」ってことなんですよ。
仕事ができない人は確認するのが下手だし、最後まで作業が終わっていないにも関わらずあたかも「できました〜!」みたいな感じで、勝手に終わらせてしまうんですよね。
「えっ中断してるだけなんじゃないの?終わってないよ?」って感じなんですけどね。

「ねえねえ!ねえねえ!」でもなく、黙って聞き耳を立てたり熱視線を送ってきたり…でもなく、私は自分のやるべきことをやってるだけなんだから、アンタもそうしなさいよ、ということなんですね。
新人くんはソワッソワしていて落ち着きのない子なんですが、見て見ぬフリをするというか、横目で見ておけばいいんだな、と思います。
「ウザッ!」とまともに受け止めてイライラしていたら、私も仕事に手がつかないので…(笑)
余計な下心はないに越したことがないし、そういうのを捨て去れば自分は楽になれて誰かに迷惑をかけることもなくなるのにな…とつくづく思います。
余計な下心があるからこそ、「気に入られたい…」とか、「よく思われたい…」とかそういう気持ちがむくむくとわいてきてしまうんだと思います。
私が素敵だなぁと思うのは、目の前にあることや仕事に集中できる人なので。
「ヘイ今日もアツいねチェリーボーイ!バカやってるね!クールだね!」ぐらいに思っておけばいいんだな、と思います(笑)

2017/11/28(火) 18:20:21 another answer
タイトル もうちょっと 今日の気分つづき


いろいろ悩んでモヤモヤしていたけれど、金曜日の朝寝て起きたら「あっそうか…別に仕事を(今年度いっぱいで)辞めてもいいんだ…」とふっと思い立って、そしたら少し気持ち的に楽になった気がします。
婚活も、女性はわりとかわいい子とかいるのに男性は8割ぐらいが「ン゛ッ」って感じなんですね(笑)
だから80%の確率で「ン゛ッ」って人が来ちゃうけれど、残り2割のまともな人に出会えて運よくそういう人とご縁がある…ということを信じながら、今後もやっていこうと思います。
気楽に構えるというか、「ン゛ッ」って人がいるのはしょうがないんだな、と思います(笑)
「そういう人もいるよね、っていうか大体そういう人ばっかりだよね」ぐらいに思っていた方が楽だと思います。

まあアレですね、「仕事辞めたいな…」と思うようになってしまったのも、やっぱり相当(新人くんのことが)気持ち悪いからだと思います。
恋愛対象として見られることが気持ち悪いというよりは、身近で一緒に働いている、いつも顔を合わせるような人がそういう目で自分を見てくることが(私にとっては)嫌なんだと思います。
「ちょっとね〜〜本当に勘弁してほしいよね〜〜」と思っている自分もいます。
でも今年度いっぱいは頑張ろう、と思います。
来年の4月以降のことは知らん…(´-ω-`)
少しずつ考えていこうと思いますし、雇用保険をもらうのも全然いいな、と思います。

う〜〜んでも何だろうなぁ、正直「アレッ自分で鏡見たことある…?(;^ω^)」と思ったりとかしますね(笑)
婚活サイトでも、何度も足跡をつけてくる人は「エッ相当自分に自信があるのかな…そんなに自分で自分のことをスペック高いと思ってる…?」と思ったりします。
余計なことばかり考えていて、仕事に集中できない…とかは絶対によくない、と思います。
基本的に私は職場に仕事をしに行ってるだけなので(笑)
そういうところで、変に期待とかされても困ってしまいますね。

本当は「バカバカ!」とかそういうことを思ったりもします。
でも大人なんだから、自分の常識や良識に基づいて行動をしてほしいよね。
そういうのは自分で判断しないといけないよね。
仕事に私情を交えちゃいけないよね。
それは「社会人」として大変によろしくないよね、とアラサーおばさんは思います。

2017/11/28(火) 18:01:28 another answer
タイトル つづき


「嫌われたって別にいいじゃん!」と思うようになれると、自分が楽になれると思います。
嫌われたって別にいいんですよ。
仕事だったら無視して自分の仕事をきちっとこなしていればいいし、婚活だったら次に行けばいいと思います。

最近ふっっと思ったのですが、私が新人くんにもできてほしいと思っているのは担当者レベルのことではなく、仕事としてお客さんを相手にすることもあるものですから、そのときに「できないとマズいよ」ということなんですね。
それが彼にはあんまり分かっていないみたい。
ただ、新人くんに対して「あれもやってほしいしこれもやってほしいのにできるようにならない!」ではなく、「とりあえず自分のことをちゃんとやっていればそれでいいよ」という目で見てあげられたらいいんだな、と思います。
恋愛的な目で(異性として)見ているなら「それだけは本当のごめんなさい」って感じです(笑)
いろいろ婚活をしていく上での条件とか考えてみたけれど、私は自分と年の近い人がいいし、「社会人なりたて〜〜ホヤホヤ〜〜」みたいなのは無理ですね。
あと彼はもっと自分自身でいろいろと決められるようにならないといけないし、今は(同期の人とかと)群れてないと仕事ができない感じなので、そこは直すべきだと思います。

私は自分が婚活をしていて一番嫌なのは、「えっ何で結婚できないの??かわいいのに!相当相手選んでるでしょ〜〜www」みたいなことを言われることだったりします。
前にお見合いした人も「えっ綺麗なのに断られるんですか!!」と言っていて、かなりカッチーンと来たんですが、「それは私ではなく相手が決めることなので…相手が(自分のことを)どう受け止めたかなので、私からは何とも言えないです(;^ω^)」と言いました(笑)
こういうことを言ってくる人は、大体見た目しか見ていない頭がカラッポな人ですね。
このワードが出てきた時点でふるいにかけて落としてしまっていいと私は思っています(笑)
何かそういう風に婚活をやっていけばいいんだな、と思いました(*´ω`*)
なるべく年が近い人…というのも私の中では結構大きな条件なので、それも踏まえながら今後頑張っていけたらいいかな〜〜と思います。

職場でも婚活でも、どこに行っても「ン゛ッ」って人ばかりです(笑)
だけど頑張らなきゃね(`・ω・´)

2017/11/28(火) 17:47:59 another answer
タイトル *


前の職場の人がそういうタイプだったけれど、「悪気や悪意なく他人を傷つける(不快にさせる)」人が実はすごく怖いなぁと思います。
多分新人くんもそんな感じだし、婚活をしていて悪気なく「んっ?」と思うようなことを言ってくる人もそうだと思います。
「そんなつもりで言ったんじゃないんだからね!誤解しないでよ!」とか、「こんなこと言っちゃっても嫌わないで!」とか、とても都合のいい「二律背反」だと思うんですね。
「都合のいい」というのは「言葉を受け止めた」相手に対してではなく、「言葉を発した」自分にとって都合がいいということで、要するに「自分に甘い!」ということなんですね。
自分の発した言葉を相手がどう受け止めるかは、相手次第だと思います。
相手が不快だと受け止めたのであれば、それは発した側の責任だと思います。
それで「そんなつもりじゃなかったんだよね!」というのは、ただの都合のいい言い訳です。

何だろうな、人間関係において時には「嫌われてもいい」とか、「相手にどう思われてもいい」とか、そうやって鬼になる覚悟が必要なときもあると思います。
「やだやだ!嫌われたくない><」というのは、「自分が嫌な風に思われたくない」という自己保身ですよね。
結局自分のことしか考えていない。
「嫌われてもいい」から「(厳しいことを)言わなきゃいけない」という場合もあると思います。
それは相手の考えているからこそ、そうなるのであって、そこで「えっ何でそんな冷たいことを言うんだろう…嫌われてるのかな…」と思ってしまうのは解釈違いですね。
せっかくの相手の忠告を無駄にしてしまっている。
私も今後、婚活で「ン゛ッ」という人に会ったときは容赦なく心を鬼にしていこうと思います(笑)
多分、変に期待とかを持たせてしまうのは絶対に相手のためにもよくないと思うんですね。
「ン゛ッ」という人に対して塩対応をするとき、どこか自分の中で「申し訳ないなぁ」と思う気持ちがあって、そういうのを持つのも大事なことだと思うんだけど、別にそう思う必要はないんだな〜〜と思いました。

一度「嫌われたくない!><」とか「嫌われたらどうしよう!><」とか、そういう気持ちを捨て去ることができたらそれだけで大分楽になれると思うのですが、男性には難しいんですかねぇ。
そういうのは「執着」に似ていると思います。

2017/11/26(日) 10:43:42 another answer
タイトル *


「婚活始めたばかりだから」「仕事を始めて一年目だから」分かりません!できません!と言うのはとても簡単ですが、「どうすればいいんですか??」と自分で考えずに誰かに聞いてばかりいるのは、コミュニケーション能力うんぬんというよりも、人としての基礎力が低い証拠なのではないかな、と思います。
その自分の基礎力(パラメーター)の低さを棚に上げて、「だってだって!」「でもでも!」と言い訳ばかりしているのは、いろいろと度を越えていて「見苦しい」の一言に尽きると思います。
それが子どもだったら許されるかもしれないけれど、「大人」であり「社会人」であるのならば、「許される」「許されない」以前の問題で、常に誰かに「どうすればいいですか??」と聞いてばかりいて最終的に困るのは自分だと思います。
自分が困らないためにも、「どうすればいいのか」を常に自分で考えるクセをつけないと、いつかそのチョンボが積み重なって、どうにも戻れないところに来てしまうと思います。
そのときになって悔やむのでは遅いんですよ。
できるのであれば若いうちからそういうクセをつけておくに越したことはないし、30代後半だといろいろと凝り固まってしまった部分があるかもしれないけれど、恐らく婚活がうまく行くかどうかの差は「柔軟に動けるかどうか」なのではないかな、と思います。
仕事でも同じことで、新人くんなんかはまだまだ若いので、今からでもフレキシブルに動けるように、できるだけ「どうすればいいですか??」と聞かずに自分でまず考える(そして動く)ようにすれば全然遅くはないと思います。
PDCAってそういうことだと思うんですね。
こういうのが苦手な(できない)男の人が多いのはどうしてでしょうね。
ただ、仕事でも婚活でも、「何を成し遂げるために」「(自分が)何をするべきか」を自分自身で考えられないと、指示待ちになってしまったり、相手に委ねてしまったり…ということになると思います。
婚活とかで相手に質問をするのはいいんですよ。
でも、大事なのはそこからいかに会話を広げるかだと思うし、一問一答形式(男性が質問をして女性が答える、の繰り返し)は話していてキツいです。
そうではなくてもっと自分のことを積極的に話そうよ、と思いますね。

2017/11/25(土) 13:34:08 another answer
タイトル つづき


多分そういう人は「どうしたらいいのかわかんないよ!ビエーン><」って感じで、婚活においては赤ちゃんみたいな感じなんだな、と思います(笑)
あくまでも個人的になんですが、そういうのも「こういうの不慣れなんで、すみません」と正直に断りを入れてくれた方が返って感じがいいかな、と思います。
分からない、できないのに、虚勢を張って「分かるよ!」「できるよ!」という感じの態度でいられる方が余計腹が立ちます(笑)
私は、婚活をするときに「結婚する相手に求める条件だとか、“こういう人がいい!”っていうのはありますか?」とよく聞きます。
これは有り体に言うと好みのタイプとかを聞いてるんだけど、回答が「子どもが好きなんでぇ〜〜“子ども大っ嫌い!”って人はムリかなぁ〜〜そんなことないですか??」「あと〜〜将来的に動物を飼いたいんで〜〜(以下略)」という感じでした(笑)
ちょっと私の求めている回答とは違うかな、という感じでしたね(条件ではあるのかもしれない)。
だから相手の質問(相手が何を聞いてるか)をよく聞かないと、ですね。
婚活をしているときに男性によくありがちなのは、自分が相手に質問をすることで精いっぱいで、そのわりにそこから話を広げられるわけではないし、逆に相手から何かを聞かれたときにあんまりちゃんと聞いてなかったりしますね(笑)
コミュニケーションで大事なのは、相手に質問することではなく、相手の話をよく聞いたり、相手からの質問をきちんと受け止めることだと思います。
「えっ何?だから何を聞いてるの?」と言ってしまいました…(笑)

最初はもうちょっと頑張ろうと思っていたけれど、ことごとくへし折られました(笑)
まあでも、「こんなこともあるよね」ぐらいに思っていますね。
多分もう何回かお見合いをしたら、もう少しマシに話せるようになるんじゃないですかね(笑)
そういうのも経験だと思うので、経験を詰んでいくのも大事だと思います。
私もいろいろこじらせていて、最近になってようやく一人前になってきた感じだし、婚活に対して「バブー!」みたいな人は「ン゛ッ」と思うけれど、それを下に見ることができるほど「私もそんなに上にいるわけじゃないよな…?」と思います。
相手の話を冷静に聞いていたつもりだったけれど、いまいち会話がかみ合わなかったのがちょっと残念だったなぁ。

2017/11/25(土) 13:07:22 another answer
タイトル *


女性と二人で喋るのにまったく不慣れで、これまでに婚活の経験のない男性が初めて婚活をしようというとき、どういう心構えでいるんだろうな…と思います。
コミュ力のある人ならいいけれど、コミュ力の低い人がその辺りをまったくノープランで婚活に挑む、というのは厳しいものがあると思います。
それで勢い余って、「女性相手って何を話したらウケがいいですか!?」とか「コンタクトとメガネどっちがいいですか!?」とか聞いちゃったりね。
それを女性に聞くのは違うと思います。
自分で考えるべきことを考えようとせず、最初から女性に対して答えを求めちゃうのは「???」って感じですね。
これは別に婚活に限ったことではなく、コミュニケーション全般において言えることだと思うし、新人くんも仕事をしていてこういうところがあるんですね。
「ズルい」というか、はっきり言ってしまうと頭の悪い質問の仕方だと思います。
頭のいい、クレバーな人はこういう聞き方はしないです。
前だと婚活で知り合った人には無条件で優しくしていた部分があるけれど、特に結婚相談所でのお見合いを始めてからは、「あっ何かこの人は違うな…」と感じたらそういうのを態度に出すようにしています。
「あっそれを聞くのは違うと思います(;^ω^)自分で考えないと〜〜」って言ったりね。
モゴモゴ…マゴマゴ…としているのは嫌だなぁ。
あと「最近のイチオシは何ですかぁ?」「オススメは何ですかぁ?」も相手本位すぎるのでダメ。
これを出してくる男性はモゴモゴ…マゴマゴ…としている人が多いですね。
質問ばっかりしてくる人に多いけれど、「相手に言わせてからようやく自分が言う」のもダメだなぁと思います。
「そこは順番を変えた方がいいのでは?」と思いますね。
もっと自分の思っていることとかを、相手にストレートに伝えていいんだよ、と思います。
変な風に腹の探り合いをしようとして、モゴモゴ…マゴマゴ…としているから相手もイラッとするのであって、そうではなくてちゃんと伝えるべきことをはっきりと伝えていたらもっと流れとかも変わると思うんですね。
まあ嫌な空気になっちゃってもしょうがない(笑)
流れとか空気とか、そういうのはどちらか一方が作るものではないと思うので。
そこは連帯責任ということで\(^o^)/

2017/11/24(金) 19:42:42 another answer
タイトル つづき


私の今の席は、来年度は私と同じような立場ではなく、他(一度退職した人など)の人の席になるかもしれなくて、絶対に確約されているポジションではないし、「更新」ではないので仮に今の席が来年度もあるとしても、その場合はもう一度面接を受けないといけません(今年度もそうでした)。
面接で落とされるかもしれない。
他の人の席になって、「来年度はごめんね」と言われるかもしれない。
いろいろな可能性があります。
今の自分の中では、「ごめんね」と言われても「あっそうか、じゃあいいや!」と思えるぐらいの気持ちでいます(あんまり執着や未練がない)。
もし来年度も今の席があるよ、と言われたときでも、自分の意思で「今年度いっぱいで辞めます」もアリなんだな、と思いました。
多分、今のような気持ちで来年度も仕事を続けるのはとても難しいと思います。
正直なところ、「もうイヤだ〜つらい〜逃げたい〜」という感じなんじゃないかなぁ。
また年度末が近くなったら気持ちも変わるかもしれないけれど、今はちょっと「フゥ…もうムリ…だめ…逃げたい…」って感じですね(笑)

まあ私は変なところで真面目なので、「えっ…何のために職場に来てるの…?大丈夫?」って感じになるんですよね(笑)
私なんかよりももっと若くて同じような立場で話も合いそうな感じの人はいると思うし、根本的にノリとかが合わない気がするし、話してても「ちょっと何を言ってるのか分からないかな…」というときがあります。
これまでが優しくしすぎたのかもね\(^o^)/

一番大事なのは、「自分がどうしたいか」「自分がどう感じているか」だと思います。
そしてムリをしすぎないこと(頑張りすぎないこと)。
ポンコツなりに、最近になってようやく大人(社会人)として「そこそこいっぱし」になってきたと思います(笑)
でもまだダメダメだったり、こじらせていたり、大人になりきれていなかったり、そういう部分も山のようにあるし、ちょっとずつでいいから一人前になっていけばいいんだな、と思います。
だからこういう風に受け入れられないのも、自分が大人になりきれていなくて、余裕がないからだと思うんですよね(;^ω^)
「ヘイチェリーボーイ、どうしたんだい?」ぐらいにかわしておけばいいと思うのですが…(笑)

2017/11/24(金) 19:28:36 another answer
タイトル *


ちょっと今日も「んっ?」ということがあったので、「発情したサルじゃないんだよね?じゃあもっとちゃんとしなきゃ!」ではなく、「ああそうか、発情したサルなんだ、だから話も通じないんだ、それはしょうがないね」と思うようになりました。
ん〜〜何か最近は、一日が平和に終わればそれでいい…って感じですね(;^ω^)
今週は4戦2勝2敗(一日休み)って感じです(笑)
(「んっ?」と思ったことを敢えて書いちゃうと、私がかがんだときに胸を二回ほど見てました)

ん〜〜何だろうな、自分の中では、ここ最近になってきていろいろポンコツだったのがようやく立て直してきた感じがするので(そのポンコツというのはHSP気質から来ていると思います)、今の職場とか、働き方とか、そういうのには満足していたりします。
私の場合は、自律神経の不調はHSP気質から来ているのかもしれません。
これは前にも書いたけれど、HSP気質はいつも気持ちが張り詰めている状態なので、それは自律神経がポンコツになってもおかしくないんですよね。

いろいろ考えていて思うのは、私の場合は同じ職場(同じ課)に「(私と)付き合いたいな!」とか、性的な意味も踏まえた目で見てくる人がいるのがすごくツラいんだろうな、と思います。
キモ眼鏡さんもそんな感じがするもんね…(´-ω-`)
(前の職場のおっさんもそうだったんだけど、既婚の人は「ふざけんな」って感じですね)
でも、「付き合いたい!」のであれば私の答えは「NOOOOOOOOOO!!!」って感じなんですよ(笑)
何か今日も、「あっそうか…そういう感じで見ている…んだな…?(疑い)」と思いました。

今の職場は、上司さんとかにもとてもよくしてもらっていて好きなんだけど、やっぱり基本的には常に同じ空間にいる人がそういう感じなのは、私にとってはとてもキツいです。
「うーんそうか、あと一年ぐらい…と思っていたけれど、どうしても“ダメ!”“ムリ!”って感じだったら今年度いっぱいで辞めてもいいんだな…?引き際は自分が決めていいんだな。退くかどうかは自分次第なんだな」と思いました。


新着順1 - 10
記録件数 34
●1回の表示で 10 件を越える場合、[次のページ]ボタンを押すことで表示されます.