kmata

Sunrise Walker

2017年01月の交換日記

2017/01/05(木) 01:30:56 k
タイトル 正月の出来事 今日の気分Sono stanca morta!


12/31から1/3の朝まで義実家、1/3の夕方に姉宅、祖母宅へ新年の挨拶回りしてきました。
義実家では大きく凹む事もなく、無事に過ごせました。
嬉しかった事は、

・前より食事の感想を大きな声で言えるようになった事
・皿洗いをさせてもらえた事
なっちゃん(お義兄さんの長女/高1)にジュース飲む?と聞いたら飲むー!と返事がもらえた&おかえりなさいと言ったらただいまーと返ってきた事

かな。
他の人から見たら「なんじゃそりゃ」って感じだろうけど、自分にとってはとても大きな事だったのです…。
悲しかった事は、結構前から気になってた事だけど、会話中お義母さんと目が合わないこと。(料理の話とか何故か目の前にいる自分ではなく隣に居るヤノさんと話してる。)
人とのコミュニケーションって難しいなと正月は毎度考え込んでしまう…。

2017/01/05(木) 01:27:26 k
タイトル 2


そうそう姉と義兄の愚痴になってしまうけど、聞いてくださいよ。
前にちょっと話したLINEの件なんだけど、

・12/30にLINEで義兄と姉に1/3の予定を聞く

・3日は義兄の両親と過ごすから無理、8日は長女の成人式なんだーと義兄からLINEが来る。

・長女の着物の話になって結局何日に家に居るのか聞けず。姉からは返信なし。

・1/1、姉と義兄からLINEスタンプで新年の挨拶がくる。
スタンプの後、姉から3日会えるの楽しみだねーとくる。

意味がわからないので、義兄には「姉から3日会えるの楽しみときたけど、どういう事?」姉には「前に義兄に聞いたときは3日は出かけるってきいたよ?」と返信。

義兄から「3日大丈夫だよー」とくる。姉からは返信なし。

と、いう事で姉宅には3日に行ってきました。ついでに祖母へも連絡して3日に行くよと。
何か、夫婦でちゃんと話し合ってないのかよくわからないけど、きちんと結果を伝えてくださいよとモヤモヤした…。

姉宅は毎年の事だけど、本当に緊張した。
何故かいつも自分とヤノさんにだけ飲み物とお菓子が用意されるので、注目
されながらの飲み食いは本当に嫌だった。今年はレアチーズケーキとカフェオレでした。
あと、姪が修学旅行でイタリアへ行ったのでタブレットで写真を見せてもらった。

イタリアは好きだ。でも、こんな視線を感じながら観ても緊張で何も頭に入ってこなかった。タブレットを持つ手や指がブルブルと震えた。
ヤノさんにタブレットを渡したかったけど、イタリアという事で私が持って写真をめくっていかないと不自然なのかなとか色々考えてしまったよ。

ただでさえ緊張と焦りで頭に何も入ってこないのに、甥が「kおばちゃんでいいんだよね」と言ってきた。

2017/01/05(木) 01:26:12 k
タイトル 3


これは姉が3、4年前から言ってきてた事で、姉曰く、

私が叔母になった時は小学2、3年の頃でおばさん呼びは可哀相だから姪と甥にはkお姉ちゃんと呼ばせてきた。
去年で30歳を迎えたからkおばちゃんと呼ばせることにする。

との事でした。正直その時は、そう呼ばれることで甥や姪と距離が開く気がして嫌というか寂しいなと思った。ただでさえ子供たちは大きくなって、昔の様に接することが出来なくなってたから。

と、思ってたんだけど、毎年の様に言ってくる。呼ぶなら自由に呼んでいいし確認はいらないんだけど…。というか本当にしつこいぐらい言ってくる。甥や姪、姉がニヤニヤしながら。

最近気付いたのだけど、"k叔母ちゃん"じゃなくて"kお婆ちゃん"のそっちのニュアンスが強いのかなと。じゃないと、そんなからかう様に言う意味が分からないから。


タブレット片手にどう返そうかと頭の中で自分が送る言葉に返ってくる言葉や反応を想像してなんて言おうかちょっと考えてたら、

「わー、聞こえないふりしてるよ〜」

と言われた。誰が言ったかはもう覚えてない。
何かこの時点でとてつもなく疲れた。許可とか確認とか取らないでいいから、呼ぶなら勝手に読んでくれと思った。うまく瞬時に返せない自分もダメだけども…。
私に話題を振るんじゃなくて、ヤノさんに話題を振ってほしかった。ヤノさん居心地悪そうだったな。そりゃ身内話ばかりされちゃ会話に入れないよね、とか思ったけど、うまく会話を回せなかった。無念。



あー、とりあえず疲れた。本当に疲れた。1時間くらいだったけど、姉宅が一番疲れた。
来年もこれをやるのかと思うと、もう気が重い(笑



本当に疲れた!


新着順1 - 3 記録件数 3
●1回の表示で 10 件を越える場合、[次のページ]ボタンを押すことで表示されます.