本並海里真井清香宮沢夕希深津草介■■◆◇

あしたのありか
Scene5 修学旅行

次は 深津草介


過去の日記
2016年11月(2)
2016年02月(5)
2015年06月(1)
全て表示


お気に入り
秘密掲示板2
ログサイト


メニュー
プロフィール
メール送信
携帯へURL送信

カスタム検索

管理者用
パスワード



count

モバイル
モバイル

交換日記レンタル - nikkijam

2017/08/24(木) 宮沢夕希
タイトル 215 ずっとずっと一緒に



「夕希、朝よ、起きて」

肩を揺らされて、あたしはうーんと身じろぎする。
んもうお母さんってば、もう少し寝かせてよ。

「朝だってば。起きないと置いていくわよ」

置いてくって何? 意味、わかんない。
それに、しゃべり方がいつもと違う気がする。

「ゆ・う・き!」
「ひゃあ!」

名前を叫ばれたのと一緒に吐息が耳にかかって、あたしは思わず飛び起きた。
耳はくすぐったいからやめてって、いつも言ってるのに!

「おはよう、夕希」
「あ、れ? さーや?」

目の前には怖い顔をしたさーやがいた。
あたしと目が合うと、さーやは大きくはぁっとため息をつく。

「ええそうよ、そしてここは東京のホテルで今は修学旅行中。もっと言うと、あと5分で朝食の時間になるわ」
「え!」

時計は7:25を指していた。確か昨日の夜に確認した朝食の時間は、7時半に食堂。
そんな記憶がやっとよみがえってきて、今は修学旅行中だっていう自覚が戻ってくる。
同室の他の二人の姿はない。多分先に行ったんだ。

「私、先に行くわね」
「えーやだちょっと待って! あーん髪はねてるよーー」



さーやは優しい。
あたしの一生のお願いをなんとか聞いてくれて、はねた髪をきれいに直してくれた。
やっぱり器用だなあ。あたし自分では15分ドライヤーかけてても直せないもん。

時刻は7:40、食堂へ続く廊下に生徒は居ない。
あたしたちは心持ち早足で歩いていた。


「ねえねえ、今日の午後の班行動、楽しみだね!」
「……」
「さーや? 楽しみ……だよね?」

返事はなく、さーや立ち止まってじっとあたしを見つめた。
こういうまっすぐな視線はさーやらしい。凜としてる、っていうのかな。
きっといろんなことを考えて、あたしのことを心配してくれてるんだろう。
あたしは考えるのが苦手だから、きっとさーやはそういう所が心配なんだとも思うんだけど。

「大丈夫だよ」

あたしもさーやを見つめ返して、そしてにこっと笑ってみせる。

「大丈夫だよ。あたし、ずっとさーやと一緒に居るから。イヤだって言われても海里の邪魔になってもずーっとずーっと居るからね」

腕を組んでみせると、さーやの真面目な顔がやっと崩れた。
困ったように眉根を寄せ、何か言おうとして口をつぐみ、それから軽く息を吐く。

「……早く行きましょ」
「はーい」



2017/06/21(水) 真井清香
タイトル 214 せめて今だけは忘れて 今日の気分これだけです



興奮したように言った海里君が私を掴んだ手に力が入って、ぐいっと彼の方に引き寄せられるようになる。
会話の流れからして特別な意図はなかったのだろうけど、私は急に近付いた距離に驚いて、海里君の手を思い切り振り払ってしまった。

――自分たちが階段に腰かけていたことを忘れて。

「わーっ」
「海里君!?」
バランスを崩した海里君だけど、咄嗟に上の段に掴まって転げ落ちることを免れた。

「ご、ごめんなさい」
「天国と地獄を同時に味わった気分だよ…」
さっきの優しい清香ちゃんはどこへ行ってしまったんだ、とかぶつぶつぼやきながら態勢を整えて肩を落とす海里君に、罪悪感がこみあげてきたけれど、
「…でもまあこれも、俺のこと意識してくれてるってことならいいかな」
なんて、ちらっを思わせぶりに視線をよこしながら言うものだから、今度は私が肩を落とした。
深刻な話はどこへ。

「元気が出たみたいで本当によかったわ…」
「清香ちゃんのおかげだよ」
「はいはい」


そろそろ部屋に戻らないといけないと立ち上がる。
「残り2日、楽しみましょうね」
問題は解決したわけじゃないけれど。
海里君にも夕希にも、みんなで計画を立てて楽しみにしていた修学旅行を、辛い思い出で終わらせて欲しくない。

海里君は眩しそうに眼を細めて、笑みを浮かべた。
「うん、そうだね」

2017/06/06(火) 本並海里
タイトル 213 もうひとつの用件(2) 今日の気分おわります


「ノーを言い続けるしかないのかなあ」
困ったように笑いながら清香ちゃんを窺うと、考えるように指を顎にあてている。

「海里君のお母さんってどんな人?」
「紹介されたいの? あー、きちんと親に挨拶してから交際スタートさせましょうって……」
違うわよ、とぴしゃりとはねのけられる。
「海里君のお父さんがお母さんに弱いのなら、協力してもらえないかしらと……」
清香ちゃんが終わりまで言えなかったのは、俺が勢いよく手を掴んだからだ。
「清香ちゃん……それ、いけるかもしれない」

2017/06/06(火) 本並海里
タイトル 213 もうひとつの用件(1) 今日の気分つづきます


ホテルの階段で清香ちゃんとふたり、ずっと並んでいたかったけれど、消灯の見回りもあるからさすがにずっとというわけにもいかない。
清香ちゃんにありがとうと伝えた俺は、もうひとつの、気が重くなるほうの用件を果たすべく、スマートフォンを出した。
今から父さんに抗議の電話を入れる。そう言うと、清香ちゃんの笑顔が引いた。
「せっかくの修学旅行の貴重な時間をこういうことに使うのは嫌なんだけど、放置することで昼間のあれをこっちがまるで気にしてないと取られるのも癪だからね。意思は示すよ」

コール五つで父は電話に出た。清香ちゃんと目を合わせ、頷く。
『やあ海里くん。旅先の夜なのに暇そうだね。女子からの呼び出しとかないの? 寂しいねえ』
「夕希の勧誘の件だけどさ」
どこから話を切り出そうかと躊躇っている間に下世話な探りを入れられたけど、相手にしなかった。
「誘うの、本気でやめて。旅先の夜だというのなら、俺たちに修学旅行を楽しんでほしいと思っているのなら、そら恐ろしくなること言わないで」
『恐ろしい? 怖がることなんかひとつも』
「俺たちは今楽しいんだから、それが壊されるかもしれなかったら不安に思うし怖くもなるよ。しかも提案してきたのは友達の親だ。強く言えないだろ。実際、夕希はひどく怖がってた」


感情的にならないように、感情が全部言葉になるように。清香ちゃんの普段の冷静さをわけてもらいたくて、願掛けのようにそばにいてもらっている。
いっそ手でも握れたらよかった。残念ながら清香ちゃんのいる側の手でスマホを持ってしまっている、もっとがんばりましょうな俺。

「なにを作ろうとしているのか知らないけど、今ある幸せが見えてない人になにが作れるというの? 今あるものを守れない人にはとてもじゃないけど賛同できない。絶対にできないから。以上、抗議終わり」

父の言い分は昼に聞かされている。俺は俺の拒絶を見せたかっただけだ。
もう電話を切るところだったけれど、切る直前、ふと思いついたことがあった。
「今日のこと、母さんに言っとくから」
これが一番効果的だった。父があわあわ言ってるのが漏れ聞こえ、ほんの少しだけ胸の内がすっとした。

2017/06/04(日) 深津草介
タイトル 212 君なしの世界なんて


時々、こういう瞬間に自覚する。
自分はちっとも夕希を守れていなくて、その度にこうして夕希に許されてきたんだと。

「…何、笑ってんだよ」
この場所は、バスケ部の先輩に教わった場所だった。
”彼女と二人きりになれるぞ”強引に首に回された腕を振り払い、はあと気のない風を装ったのは、数日前のことだった。ついこの間のことなのに、ものすごく遠い昔のことみたいだ。もう戻れない。それが、辛い。

「だって、そーくん泣きそうなんだもん」
突きつけられた現実とは裏腹に、夕希の表情は穏やかでその身体は温かい。
あれこれ考えるのはやめにして、今あるこの感覚に身を任せて、全部忘れてしまえればいいのに。
海里の父親と西野先輩、二人の顔が頭に浮かぶ、それぞれの言葉もまた断片的に。
どちらかに夕希は連れ去られてしまうのだろうか。押し寄せる恐怖に、自分が潰されそうになっている。
「ごめん、夕希」
口ばっかで全然守れていないことも、どうしたらいいか全然分かんねえことも、全部。

”夕希が一番、怖くて不安なはずなのに”
腕に力を込める。離したくないと心の底から、思った。
「離れんなよ、絶対」
夕希が身動ぎ、ぐっと額が胸に押し付けられた。自由が利かない中で、頷こうとしてくれたみたいだった。

「そーくん」
風の音で掻き消されてしまいそうなか細い声だった。腕の力を緩めると、夕希が俯く。
「……やっぱり、怖いの」
「うん」
「みんながいてくれるし、大丈夫だって信じてるけど、」
こんな時まで笑顔をつくって明るく振舞おうとするから、堪らなくなる。

「俺、夕希がいなくなったらって考えるだけで、ぞっとする。頭がおかしくなりそうになる」
「……」
「争いごとのない穏やかな世界だかユートピアだか知らないが、俺の平穏はどうなるんだよ。無視か」
そもそもユートピアって何語なんだよ訳せよと呟くと、夕希が少し笑った。

「ずっと、夕希のそばにいる。万が一今日みたいなことがあっても探し出すし、俺、絶対諦めないから」
本気だった。ガラでもない言葉に顔がカッと熱くなったけど、夜風がそれを冷やしていく。
長い時間いたせいか、若干冷えてきた。小さく身震いした夕希の手を引き、非常扉のノブを回した。

2017/03/20(月) 宮沢夕希
タイトル 211 縦長の夜景(2) 今日の気分終わりでーす



『奪われてたまるか』

そーくんの台詞が頭の中に戻ってきて、あたしはちょっと目を伏せた。
どきりとした。だけどそれ以前に怖かった。なにが、だろう。


「……どーしたの」
「え?」
「花」
「あ、花? バラ?」

ぼそり、と闇に落っこちるように吐き出された言葉をあたしはなんとか拾うことに成功して、聞き返す。
返事は無い。

「ホテルのフロントのお姉さんにね、もらってもらったの。どこかに飾ってくれるって」
「あっそ」
「ねえ、そーくん」

無愛想な返事にかぶせるように名前を呼ぶ。あたしはそーくんの方を見た。
手すりをつかむ腕に顔を埋めるようにしてるそーくんをまっすぐ見て、続ける。

「今日は、ありがとう。助けに来てくれて」

そーくんは、動かない。

「すごく、うれしかった。不安だったから――そーくんが来てくれて、あたし、すごく」
「ごめんな」

言葉と一緒に、あたしは抱きしめられてた。絞り出すような声だった。
ぎゅ、とそーくんの腕に力がこもる。

「ごめん。怖い思いさせて。ごめんな、俺、守ってやれなくて」

泣いてるのかと思うような声で、そーくんはあたしに謝ってくれる。
だからなんとなく、泣いてる子を慰めているような気分になって、あたしはそーくんの背中をぽんぽんと軽くたたいた。

「守ってくれたよ。そーくん、あたしたちのこと探してくれたんだよね。それに――」

西野先輩からも、と言おうとしてあたしは止めた。そーくんの腕が緩んで、視線が合った。
やっぱり泣きそうな顔してる、とあたしはちょっぴり微笑んだ。

2017/03/20(月) 宮沢夕希
タイトル 211 縦長の夜景(1) 今日の気分続きまーす



さーやの後ろ姿を見送っていると、隣から「なあ」とちょっと低い声。
そーくんに気づかれたかな、とあたしはちょっと焦って見上げる――と。

目は合わなかった。
そーくんはあたしじゃない方の床に視線を落として、考えるように片手をこめかみに当てている。

「どうかしたの?」
「いや」

あたしの問いかけに、ちょっぴり早いタイミングで返事が来る。
ん、なんか、いつもと違うような感じがする。

「ちょっと、来て」

低い声のままそーくんはあたしを見ずにそう言うと、手首をつかんで足早に歩き出した。
暗い廊下を進んで賑やかな厨房の入口をスルーすると、曲がった先には扉。非常口の緑のライト。
そーくんはそこに鍵がかかってないことを知っている仕草でドアを開け、外へ出た。
あたしの後ろでドアが閉まる音と一緒に、そーくんの手があたしの手首からそっと離れる。

ちょっと肌寒い風が通る。
東京は縦長だって思うのはこんな時。
戸里と違って、いくつもの細長い建物がいっぱい地面に刺さっている。まるでテトリスみたい。
戸里なら四階の高さから町が見下ろせるのに。
ここでは、真っ暗なビルの壁と街灯と、それからざわついた空気で埋め尽くされてる。


「なんか東京って、ビルも人もいっぱいだよね」

黙ったままあたしに背を向けているそーくんに、何気なく話しかけた。
隣に行っていいものかちょっと迷って、あたしは思いきってそーくんの隣に立ってみる。
横目で見たけど、やっぱりうつむいたまま、目は、合わない。

さすがに鈍いあたしでも、そーくんの気持ちがわかるような気がしてた。
さっきのこと。海里のお父さんのことは当然だけど、西野先輩のこと。
あんなに怖い顔をしてるそーくんは見たこと無かった。

2016/12/18(日) 真井清香
タイトル 戻ってきた日常(3) 今日の気分終わりです〜



エレベーターと反対側の廊下の端っこというのもあって、わざわざ階段を利用する物好きな生徒も宿泊客もいないようで、ホテルの中なのに人気が少ない。

「清香ちゃん、こっち」
階段まで来たところできょろきょろしていると、上階へ向かう階段の手すりから顔を出した海里君が手招きをしていた。

上からだと丸見えなのだけれど、促されるまま階段の手すりの陰に腰を下ろす。
海里君は少しだけ間を空けて、私の隣に座った。

「スルーされたらどうしようかと思った」
「本当は思ってないでしょう」
「うん、実は」
昨夜と同じようなことを言ってくる海里君に言い返すと、しれっと笑うので力が抜ける。

「清香ちゃん優しいから」
「別に――」
そんなことないと続けようとした言葉は、どこか感情の読めない笑顔に出会って消えてしまう。

「優しいよ。俺の父が迷惑かけたから怒ってもいいのに、今日ずっと心配してくれてたでしょ」
「そんなの、心配するの当たり前でしょ」
「うん。当たり前でも清香ちゃんに心配してもらえて嬉しかったから、それを伝えたかったんだ」

「…俺だから心配してくれた、だったらもっと嬉しいけどね」
いつもの調子で付け足された言葉と笑顔に、何だかほっとすると同時に、笑いがこみあげてきた。

「ふふ、どうかしら」
「え、ちょっとなにその思わせぶりな返事!」
身を乗り出してくる海里君に、私はしばらく笑いが止まらなかった。

2016/12/18(日) 真井清香
タイトル 戻ってきた日常(2) 今日の気分もひとつです



「なんだ、海里のやつ」
「さあ?」
呆気に取られた顔をする草介へ曖昧に答えて、海里君からのメールを開くと、本文には短い文章がひとつ。

『階段で戻らない?』

「さーや?」
携帯の画面を開いたまま止まっている私に、夕希がどうかしたのかと首を傾げる。
「えっと、あの、ね」
どう説明するべきか、うまく言葉が出てこない。
後ろを振り向くと、海里君の姿はもうどこにもない。
どうしようと戸惑う挙動不審な私に、夕希は「あっ」と言って胸の前で手を合わせた。

「さーや、お家に電話しなきゃって言ってたよね!」
「えっ?」
家に、電話? 一瞬何のことかと思考が止まるけれど、ものすごい勘の良さと機転を夕希が利かせてくれたことに気付く。
「あ、うん、そう、なの」
慌てて頷く私は自分でも怪しいと思ったけれど、草介から追及されることはなかった。

妙にキラキラした目の夕希に背中を押されるようにして見送られ、海里君が指した方向にある階段に向かう。
『階段で戻らない?』って、戻るも何も男子は下の階で女子は上の階だから真逆よね。
…などとぶつぶつ心の中で呟いてしまうのは、誰に対してかわからないけれど照れ隠しのようなものだろうか。

2016/12/18(日) 真井清香
タイトル 戻ってきた日常(1) 今日の気分続きます



ホテルに戻るまでも、戻ってからも、誰も最後に起こった出来事を口に出さず、他愛ない会話を交わして過ごした。
夕食は海里君と草介とは別になってしまったけれど、今日訪れた場所――というより、どこのスイーツが美味しかったかなどの情報を女子同士話しながら、ふと離れたテーブルで海里君が他の男子と小突きあって笑っていたことに少しほっとした。
「いいなあ、あたしたちも寄ればよかった〜!」
前を通り過ぎた店の話を聞いて悔しがる夕希も、いつもと同じ笑顔。
2人とも強いな。私が2人の立場だったら、きっとずっと落ち込んでしまっていただろう。


外へ出歩いたりするんじゃないぞ〜、と先生からのお決まりの言葉に送られながら、食堂を出ようとしたところで、ちょうど海里君と草介と一緒になった。

「そーくん、すっごい食べてたよね」
「見てたのかよ。夕希はデザートばっか食ってただろ」
「見てたの!?」
「やっぱりか。見なくてもわかるっつーの」
早速とばかりに目の前で始まった夕希と草介のやりとりが、ぽんぽんとテンポ良くって可笑しい。

「息ぴったりだね」
「本当」
くすくす笑っていると、海里君がふっと息を吐いて言った。
「いいよね」
どう答えるべきかと見上げると、海里君はこっちを見ていなくて、視線は片手で何か素早く打ち込んでいる携帯の画面に落とされていた。

それに、少しがっかりしている自分に気付く。
みんなの前で恥ずかしいことを言われても困るけれど、私、何か期待してたのかしら。
ふと、ポケットに入れていた携帯が短く震える。
メール?

少し沈んだ気分のまま携帯を取り出して画面を開くと、そこにはやはりメールの着信があった。
無題のメールの、差出人は。
――海里君?

目を丸くして顔を上げると、海里君の手にはもう携帯は無くて、視線は私に向けられていた。
混乱したまま携帯の画面と海里君の顔の間で視線を行き来させている私に、海里君はくすっと笑って、私の携帯を指差して、その指を来た方向へと向けた。
そうしてから、

「ソウ、俺ちょっと先生に聞きたいことあるから先行っといて」
唐突に言って、草介の返事も待たずに廊下を来た方向へ戻って行ってしまった。