a.kONE DAY

ONE DAY
なんだかんだで5年目。

次は ONE DAY


過去の日記
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(1)
全て表示


メニュー
プロフィール
携帯へURL送信

カスタム検索

管理者用
パスワード



count

モバイル
モバイル

交換日記レンタル - nikkijam

2017/11/09(木) a.k
タイトル 137.



書いていた日記の原稿を消してしまうという悲劇に遭いました(ノД`)・゜・。
結構書いていただけに心の折れ方は尋常じゃなかった……


「愛があるのか…」を更新しました。今回は元カレの然との回想シーンですね。いまだにこのシーンが必要だったのかどうかはわからない(笑)後々何かで必要になってくるだろう。と思って書いたんだけど、現段階ではないですね(笑)まぁ……せっかく書いたので上げました(笑)
然はちょっと小難しい性格です。あのシーンだけではわからないけども(笑)まだちょっと彼が背負っているものが不安定なので、次回出てくる時までにはしっかりと決めておきたいと思います。


それから……
楽しみにしている方がいらっしゃるのかは、わかりませんが。
「愛があるのか…」とサイト更新作品の更新は、来年1月頃or春頃までお休みさせていただきます。
現在職場の仕事内容が変わり、慣れない環境で疲労度が増し、それに加えて家庭内でも色々あって、パソコンに触れる時間が以前よりも減っています。
ちょこちょこと書いてはいますが、落ち着かない環境のせいで、中々頭が創作モードになりません。
楽しみにしてくださっている方には、本当に申し訳ないのですが、オフの環境が落ち着くまでの間、お休みさせて頂きます。
ごめんなさい。

日記は月1ぐらいは顔出し出来たらいいなって思っています。


2017/10/02(月) a.k
タイトル 136.



今日を逃すと、おそらく更新が危ぶまれるので更新しました。今回は前回の反省を生かして少し長めに。次回はちまちま更新かもしれない。相変わらず不安定(苦笑)


今回の「愛があるか…」は、二人の過去の恋愛をチラ見せ(笑)ここで私の完全趣味の自己満足が出るんです。毎回私の好きな設定ですみません…(汗)好きなんです。こういう設定(はは;)でも今回はちょっと変えてみた。ちょびっとね(笑)
現在も絶賛書き書き中なんですが、ちょっとイメージしていた感じの流れからは少し離れちゃったかな(;´Д`)初めは淡々と物語が進んでいくようなイメージがあったけど、なんかどんどん複雑になっていく……(ムムム)
これもまた泣きながら書くんだろうなぁ……。頑張るけどさ


サイト更新作品も頑張って書き書きしました。先月更新した時に、ストックがやばいことに気が付いたのだ(汗)毎回毎回ちょっと行き詰ったり、思うように書けなかったりして1シーンに2ヵ月近くかけたところが多々あった。そのせいで、気が付くとストックがゼロに近い(涙)

修正期間も考えて3〜4か月分のストックを用意してから更新してたんだけど、今回はちょっとダメな感じです。月1更新に慣れてしまって、これぐらいならまだ大丈夫とか慢心していたら痛い目に遭う。というね(苦笑)
全て全部自分が悪いんだよ(涙)書けなかったのもあるけど、そもそも設定が大雑把で曖昧過ぎた。ざっくり設定で、こんな設定で書きたい、こんなキャラで書きたい、そんな欲求だらけの設定で小難しいことはその時に考えればいいかwってな感じで書いてたんだよ。――――そして今、その小難しいことが今現在起こっている(苦笑)泣きたいです(ノД`)・゜・。


先日生まれたばかりの友人ベビーの写真が送られてきた。新生児ちゃんはホント可愛い!くたっとしている感じがいい!( *´艸`)新生児特有のあの香りもたまらん!柔軟剤で欲しいぐらい(笑)友人から「もう一人産めば?」って言われたけど、そんな体力も財力もない。色んなことも面倒くさい(笑)そして―――私は母親には向いていない。


2017/09/07(木) a.k
タイトル 135.



こちらが1日遅れました。昨日はあれから時間が取れず。ごめんなさい。


「愛があるのか…」を更新。気持ち進んだ感じ?(笑)っていうか、今回めっちゃ短かった!更新して気が付いて、もうどうすることも出来ない。その続きを上げようかと思ったんだけど、無理でした(汗)1ヵ月も待ってもらったのに…ちょびっと更新ですみません。そしてそして、次回もちょびっと更新です。ごめんなさいm(_ _)m

今回の葉那と修司の二人のシーンは、書いてて楽しかった。この二人の空気感が好きで、面白い二人だなぁ〜って思いながら書きました。私の中で修司は小難しい子なのかな?と思っていたけど、なんか違った感じ。案外不器用な男なのかもしれない。


最近オフで色々あって中々時間を取って書けないことが多いです。それでも頑張って書いてるけど、中々集中出来なくて……筆遅ですね。
サイト更新中の作品もストックがやばくなってきた。ちょっと全体的に話が思っていた以上に重くて(汗)、中々進まない。気分的に落ちている時にこの話を書くのは正直しんどい…かな。
あともう少しだから頑張るけど、まだまだかかりそう。ゴールは見えてきたけど、辿り着くのは遠い。今年中に終わる気がしない(涙)


休日に旦那と散歩がてらパンを買いに行くことになり、朝から化粧するのが面倒だったので、すっぴんで行くことに。なのに、こんな時に限って普段会わないような近所の人と会った(涙)すっぴんってバレてないことを祈ろう(笑)


2017/08/05(土) a.k
タイトル 134.



最近日記までも月1になっている(汗)もう少し書かなきゃなぁ…って思いながらも中々書けず。相変わらずのマイペースぶりで申し訳ないです。


「愛があるのか…」を更新しました。今回初登場のゆっちん&てっちゃん夫婦。もう少し先の方で一人娘の美雨ちゃんも登場します。二人の過去は色々ありそうなんだけど、私の中で上手くまとめられないので省きます(笑)
てっちゃんはかなりの親バカです。娘が可愛くて仕方ない(笑)でも美雨ちゃんも小学生なのでそろそろ「パパ、あっち行って」と言ってウザがられているように思う。初恋の相手は、修司かな?と思ったりw修司も何気に美雨ちゃん可愛がってそうな節があるんだよなぁ。めっちゃ性能がいいカメラで写真撮ってそうだし(笑)

今、少し行き詰っています。中々書きたいネタとネタが繋がらなくて、悪戦苦闘しております。どのネタを先に持ってくればいいのかわからないのと、このネタを書くためには前もってそれらしきことをしとかないといけないのでは?とか、色々考えていて中々前に進まない。
今は月1更新出来ているけど、もしかしたら数か月空いちゃうかもしれない。その時はちゃんとお知らせします。
不安定な感じですみません。


サイト更新小説は、意外と進んでいます。少しゴールの入り口が見えてきたかなぁ〜?って感じです。それでも入り口(笑)そして今は、本当〜〜〜〜にどうでもいいシーンで詰まっています(笑)何気ない会話をさせていたんだけど、実のない会話過ぎてこのシーン必要なのか?と疑問を抱いているところです(笑)


ネット通販で痛い目に遭いました。損害などはなかったのですが、店側の対応の悪さに凄くムカついて、怒りのメールをしました。返事は来たのですが、「言い訳と500円クーポンあげるから機嫌直してね」的な内容。怒りは収まらなかったのですが、もう面倒だったのでそのまま。ただ言えることは、「500円で私の機嫌は直らねぇよ!」です。つーか、クレームメール出さなかったら、クーポンもなかったっていうのもムカッなんですけどね。
信頼してよく利用していたサイトだっただけに、本当に残念でした。


2017/07/04(火) a.k
タイトル 133.



7月になりました。1年の半分以上が過ぎたって……早くない?それだけ私が年を取ったということかな(涙)
ずっと見たかった映画を見に行きました。
感想としては、「だよね。そういう結末しかないよね」という感じでした。なんていうのかなぁ…、予告を見て映画に対する期待が大きかった分、少し残念だった。まぁ、でも、「予告が良い映画は中身がいまいち」ってあるあるだしね(笑)
見たい映画がまだまだたくさんあるんだけど、大きな映画館でやってくれるものばかりじゃなくて、中には地方の小さな映画館でしかやってないとか、そういうのがあって全部は無理そうかな。レンタルされるのを待とう。されるかな?


「愛があるのか…」の後書き的なことは、中々物語は進まないよね。ごめんなさい。ってことでしょうか。今回は、『二人はこんな雰囲気の二人だよ』って説明したかった回です(笑)ちなみに前回は、『葉那の家族はこんな家族だよ』って説明したかった回。次回は、『てっちゃん&ゆっちんはこんな夫婦なんだよ』っていう回です(笑)

「愛があるのか…」の執筆状態は小休止中。修正をちょこちょこしてるぐらい。またひと段落ついたら、一気に書きたいと思います。この作品は常にネタ切れな感じなので、なんとか細かいネタを見つけつつ書いていきたい。
この物語を書いてて思ったんだけど、私はこういう感じのカップルが好きなようです(笑)トキメキ重視の恋愛よりもゆる〜い感じの恋愛が好きみたい。


ここ2週間近くサイト更新の作品に全力を注いでいました。いつまでもダラダラと書いていたらダメだ!と自分に喝を入れて全力で取り組んでいました。何故、過去形かと言うと、もう全力を注ぎ切り(笑)、現在灰になった状態だからです(笑)
まぁ、でも、全力を注いだおかげで進んだ!(^_-)-☆進んだけども、一向に終わりが見えてこない。まだまだ完結までに時間がかかりそう。とにかくいっぱい書いて頑張ろうと思います!


不定期更新って言ってるけど、毎月更新だと思います。毎月1回は更新しないとそのままフェイドアウトしそうなんで。月1は更新できるように頑張ります。


2017/06/03(土) a.k
タイトル 132.



日記を書こうって思いながらも中々書けなかった。
仕事とお弁当作り(かなり負担らしい)にヘロヘロでしたが、一応元気です。


「愛があるのか…」のあとがき的なことでは、まさかの時間逆戻り。でも、少しずつ物語は進んでいる。ということでしょうか(笑)
この物語を書く時に冒頭部分は、インパクトあるやつ書いとけばいいかなってことで、あのシーンから書き始めたんだけど。書いたはいいけど、さて、どうする?ってことで悩んだよね(笑)
それから書いてる時には気づかなかったんだけど、なんで季節をクリスマスにしたんだろ?(笑)これを書き始めた時は、正月も過ぎていたような気がするのに……。謎だわ^^;

葉那の家族は、両親、兄、葉那の4人に加えて、兄嫁の5人家族になっています。そんな設定要らないだろっていう部分では、兄は4つ上で、兄嫁は20代前半、子どもはなし、というプチ設定が(笑)兄夫婦が同居なのか別居なのかは、ちょっと曖昧な感じ。
修司の家族は少し先で触れるので、その時にでも。

現在の「愛があるのか…」の進行状況は、ちょっとペースダウン中。落ち着いてきたって感じかな。この話はおそらく割と短めな予感。そんなにネタがない(笑)どのタイミングでネタを出すか、悩んでいるところです。


サイト更新作品は、ちょこちょこ書いています。少し進みました。何度も読み直して、修正して、良い感じで進んだように思います。ようやく納得いくものが書けたように思う。
今は新しい章のところを書いています。ここから話の流れが変わるので、頑張らないと。終わりが中々見えてこない話だけに心が折れそうになるけど、なんとか完結まで頑張りたい。


物語に出てくる『兎町』は、私の書く物語のベースになる町です。知っている人は知っているかもしれませんが、初期作品を除き全て同じ世界観で書いています。中でも『兎町商店街』は、主要キャラがたくさんいます。
おまけに何かしら登場人物たちが繋がっていたりします。なんかそういうのっていいなぁ…って思って。自分が作ったキャラが作品の裏で仲良しだったりすると面白いかな、って(笑)
今のところ今回の作品では、お一人だけ繋がっていました。

2017/05/08(月) a.k
タイトル 131.



本日ようやく物語をスタートさせました。
今日を逃すと、中々スタート出来ないような気がしたので。


明るい感じの物語にしたいなって思って、葉那を活発な性格にしました。私の中のイメージでは、サバサバしている感じだけど、メンタル弱めな感じ(笑)好きな人には突っ走るタイプかなと思います。
修司はクールな感じかな。葉那のように騒ぎ立てないタイプ。あまり自分のことも話さず、内に秘めるタイプかも。マイペースで自分のやりたいように動いていると思います。
今のところの二人はこんな感じだけど、書いていくうちに変わると思う。


今、第2話を書き書きしています。
伝えたいことが上手く書けるかな?って、心配しています。
なんか……難しいね。恋愛ものって。今更だけど。


次回更新予定は、未定。(ごめんなさい;)
来月ぐらいには上げたいなって思っているけど、進行状態によります。
毎度のことながら、気長に待っていただけると幸いです。


2017/05/02(火) a.k
タイトル 130.



4月になって色々やることが多くて、うお――っ!ってなってたら、GWが目前だったことに気が付く。
今年のGWも帰省と仕事で終わりそうだな。しかも早朝出勤。泣きそう(T_T)


サイト更新の小説は、進んでないね。申し訳ないぐらい停滞してる。前回もチラッと触れてたけど、なんか自分が思い描いていたシーンから遠ざかった感が気になってしまって……。頑張って書いたところはサクッと消して、別パターンで行こうかなって思っています。なんかやっぱり書いてて、くどいなって感じたんだよねぇ……。
ストックもちょっと少なくなってきたから、マジで頑張らないとヤバいかもしれない……(+_+)

前回順調に書いているって言っていた物語ですが、順調に進んでいて、近々久しぶりにjamさんでアプして行きます。本当は今日から更新していこうかなって思ってたんだけど、ちょっと最初の方をいじらなきゃいけなくなったので、やめました。
GW明けぐらいにアプ出来ればいいかなって思っています。

ずっと温めていた設定に前回泣く泣くギブアップした物語を組み合わせました。私がよくやる手法です(笑)所々に前回書いていたシーンも融合させました。書いたシーンが無駄にならなくて良かった(*^^)v
物語は大好物の幼馴染ものです。毎回毎回ホントこのジャンルですみません(汗)毎回そういうのを書いているわけじゃないんですよ。たまたまここでアプするものに幼馴染が多いだけです。はい…。

あらすじ的なものは――――
偶然にも同じ日に生まれ、兎町商店街で兄妹のように育ち、どんな時もずっと一緒だった葉那と修司。29年間男女のいざこざなどなく過ごしていたのに、二人はひょんなことから20代最後のクリスマスイブの夜に一線を越えてしまう。戸惑う葉那に修司はこれをきっかけに、「恋人になろう」と言い出して……。という感じになります。
あらすじで見ると単純な話のようですが、意外?と彼ら色々あります(笑)
こじれてしまった大人の幼馴染の行く末をお楽しみ下さい。


2017/04/04(火) a.k
タイトル 129.



役員生活が終わって、ここ2週間ぐらいだらん…と過ごしております。


サイト更新小説は、ここ数週間お休み状態でした(笑)全然何も降りてこなくて、ちょっと大事なシーンを書いては消して書いては消してを繰り返しておりました。なので、ちょっと寝かせてみようってことで寝かせてみた。そのかいあってか、昨日今日とそこそこ進んだ。中々思うような展開にならないのが引っかかっているけどね(苦笑)まぁ、よしとしようかww
この後もちょっと大変な展開なんで、こんなところで躓いているわけにはいかないのだ。でも、躓くのだよ(笑)

サイト更新小説ばかり書いてると行き詰るので、気分転換のつもりで別物語を書くようにしているんだけど、ここ最近は不作気味。似たり寄ったりの設定になるし、気分が暗くなってると設定も暗くなるし、何とも言えないものになっていた。
前回ボツにしたやつを読み返してみたんだけど、やはりどこか暗くて、背負っているものが重すぎた。気分的にそういうどよんとした気分だったのかもしれない。
そんな中、ここ数日順調に書いている物語がある。たぶん、これが次回作になると思う。勘だけど(笑)前回まで書いていた物語と融合しようかなって思っているので、面白い感じになるんじゃないかな、と思います。


先日、人生初の握手会なるものへ行ってきました。「ちょっと会いたいかも…」っていう気軽な気持ちで応募したら、当選しちゃって(笑)、驚いたわ。たぶん、ここで今年の運を使ったように思う。
立ち止まる時間もなく、流れ作業のように次々握手していくのかと思いきや、一人一人丁寧に話す時間も与えてくれました。しかし、何も考えてなかったので伝えたいことも浮かばず、「い、いつも応援しています」なんていう面白みのないことを言っただけで終わった(苦笑)緊張している私を察してくれたのか、優しく微笑み、ちゃんと私の目を見てくれて、「ありがとう。これからも引き続き応援よろしくお願いします」と言ってくれました。それに対して、うんうんとうなづくだけの私を真似て、うんうんとうなづき、「ありがとうね」と笑顔で見送ってくれました。
ホントにテレビで見る雰囲気そのままで、良い人が滲み出ている人だった。


2017/03/10(金) a.k
タイトル 128.



ようやく役員生活の9割が終わった。あとひとつ、無事に終わればすべて終了。あと少し、頑張ろう!―――ということで、最近はまた以前のような精神的にも安定した生活を送っています。ただ、それ以外でちょこちょこと余計なことが起こるので、まだのほほ〜んとまではいかないけど。


サイト更新の作品は、少し前へ進みました。なんとかスランプを終えたみたい。オフが少し落ち着いた影響もあるのかな?
中々進まなかったシーンをようやく書き終えることが出来て、ホッとしています。今回ばかりは、もうダメかもしれない…と諦めていただけに書けて嬉しい(*^▽^*)
色々なバージョンで書いたけど、結局落ち着いた感じで終わってしまいました。感情的になるのもどうかなって思ったり、キャラ的にこんなこと言わないだろって考え込んだりして、中々進まなかったんだけど、無事終わって良かった。
この後の展開もまた悩むんだろうなぁ…と、考えるだけで今から怖い。

これまで自分が書いた小説を読み返すことは、ゼロに等しいんですが(問題発言?)、ひとつだけお気に入りのやつがあって、久しぶりに読んでみました。苦悩して書いた分、そこそこいい感じだったんだなぁ…って気づいて自画自賛(笑)
本編からの後の話もネタ的にはあるけども、もう書き終えて1年以上経っているから、もう無理かな^^;


また一人、友人が結婚するようです。なんだろう、この突然の結婚ラッシュ(笑)友人たちに何があった?(笑)婚活をしていたのは知っていたんだけど、まさかそんな早々に決まるなんて…。驚き。
新婚さん二人が揃うと、キャピキャピしていてまぶしいわ(笑)私にもそんな時期があったのだろうか?あったんだろうなぁ(笑)
今回の友人は結婚したら、私が住んでいる近くに住むようなので、それはちょっと楽しみw