小さな魚の金細工
三界の狂人は狂せることを知らず

次は


過去の日記
2012年12月(1)
2012年10月(2)
2012年05月(1)
全て表示


メニュー
プロフィール
携帯へURL送信

カスタム検索

管理者用
パスワード



count

モバイル
モバイル

交換日記レンタル - nikkijam

2017/11/10(金) 23:15:53
タイトル 薄氷の上を


踏んで歩く


砂が刺さる




爪のはざま

2017/11/06(月) 00:46:57
タイトル 見失う


日々を追う

2017/06/24(土) 11:37:00
タイトル 気分 今日の気分持つはずもなかったものを


なぜ貪るつもりになれる

2015/11/15(日) 15:10:10
タイトル 恣意


牡蠣小屋と書いて

オイスターガーデンと


読ませたいらしい

2015/11/15(日) 10:14:24
タイトル 看板に偽りあり


と思うとき


牛肉専門店と書いてある同じ板に


馬刺 とあるとき

2015/07/04(土) 09:48:25
タイトル 湿る


雨が降る

湿る

土が色を変え

湿る

葉先から落ちる


2015/06/27(土) 15:57:33
タイトル バス停で 今日の気分小さな棘


バス停で

斜め後ろから割り込み

俺の右足甲を踏み

謝らず

先んじようとして

斜め下方に伸ばし持っていた傘を

バスの昇降のバーに引っ掛けてしまい

外すのに列を数瞬止め

右手にいた豹柄のマダムに顔をしかめられ

何故か顔をそらして

真後ろの俺をにらむ

あの老人に

ささやかな不幸が降りかかりますように

2015/01/27(火) 21:26:28
タイトル ゆるく


凍り付いていく


動きも


動かぬも


しとりと

2014/08/09(土) 11:41:58
タイトル 風が吹いている


山の嵐ではなく


台の嵐

2013/05/01(水) 01:39:29
タイトル わ た し が


自我と言うものなのだとして

その自我は他人との関係性においてしか存在しえないと

はるか以前に看破されているが


それはそれとして


おのれを律するということの


おのれを操るということの


おのれをコントロールするということの


いじましさ


そのうえ、いまさらカタカナの由来に志向がそれる酔いどれっぷり


指先の行方