another answer

アイのウラには何がある
「さあ、いっそのこと何もかも壊してしまおうか」

02/20(火)20:50
another answer
タイトル:もうちょっと
気分:つづき

婚活モヤモヤはエンドレスになってしまってごめんなさい(笑)
ただ今週はちょっと楽しみな予定があるので、まず自分が楽しんでこようと思います(*´ω`*)

あと大事なのは(まだあるの?)イラッとしたりモヤッとしたりしても、「そんな私も私じゃん!」と自分自身が容認してあげることかなぁとも思います。
何でしょうね、「別に生きたくて生きてるんじゃなくてこの世に生まれちゃったから生きてるんだよ!」と思うと(これを言っちゃったら母としては悲しいかもしれないので言わないですが!)ちょっと楽になれますね。
「別に生まれたくて生まれてきたわけじゃないし〜」というね(うーん?)。
これはお芝居を習っているときに(レッスンで)先生に言われたことですが、「いい意味での開き直り」を持つことが巡り巡って自分のためになったり、そういう自分の気持ちの転換が人生を思わぬいい方向へと導いてくれたり…するかもしれません(笑)
むしろ難しいのは、どうしたら開き直れるか(気持ちを転換できるか)だと思いますね。
アラサーになってもまだ「うーんうーん…」と思い悩んでいます。
ただ、やっぱりどんな自分でも受け止めて容認してあげる(否定しない・罪悪感を持たない)ことが今の私にとっては特に必要なのかな、と思います。
自分がいろいろ気にしすぎてしまう、敏感なタイプなのは自分でよく分かっている(つもり)なので、そこを否定するのではなく、「あっ私ってそういうところあるよね〜☆」ぐらいに自分で受け止められるようになれば、ちょっとは考え方が変わってくるのかなぁと思います。
自分に対しても、相手(たとえば新人くん)に対しても、「しょうがないよね〜」と思えるようになれば、自分の気の持ちようが楽になれるかもしれません。
多分今の自分自身の足を引っ張っているのは、(自分に対する)罪悪感とか、自己否定とか、そういう気持ちなのかなぁと思います。
何かと溜め込まない、我慢しすぎないことも大事かな。
我慢するからこそ余計にイライラカリカリすると思うので…(笑)

何ていうのかな、私がどこか自分自身と距離を置いている部分があるので(?)自分のことをあくまで冷静に、客観的に見てくれる人とじゃないと私はうまくお付き合いができないだろうな、と思います。
「君のことしか見えない!」みたいなのは勘弁、ということです(笑)

5.過去の日記 6.前日
PCサイトはこちら

次はanother answer