another answer

アイのウラには何がある
「さあ、いっそのこと何もかも壊してしまおうか」

10/16(火)19:33
another answer
タイトル:*
「人を嫌いになるのに理由がいるのかなぁ」というのを何となく考えていて、特に理由なんていらないんだよね、という結論にたどりつきました。
何でしょうね、隣の課に物言いのキツい若い女性(多分同じぐらいかちょっと下かな?というぐらい)がいて、ちょっと前にギャー!と言われたんですが、それから「あっ私この人嫌いだわ」となりました(笑)
理由なんてそれだけで十分じゃないのかなぁ。
というか、そもそもその人が「嫌われる理由」を作っているんですよね。
個人的にはもったいないと思うけれど、新人くんとかも同じなんですよねぇ(´・ω・`)

去年の今頃の新人くんはめちゃくちゃウザかったですね~、「なんだったんだ…」という感じなんですが、何かそういうときもある(?)というか、そういう気持ちだったのかな、と思いますね。
好き好き!アピールじゃないけれど、そういうことをせずにはいられなかったのかな、という。
「そういうこと」というのはちょっと前の日記を参照してください(笑)
ただ、人に嫌な思いをさせたり、傷つけたり、そういうことを「わざと」とか意識的にやっているなら論外だけど、無意識的にでも人に嫌な思いをさせていたら、それは相手から嫌われる十分(すぎるほどの)な理由になると思うんですね。

相手に理由を与えてしまったらその時点で負けだよ、という気がします(個人的にですが)。
「理由」というのはいわば逃げ道なので。
「こんなことをしてくるからあなたが嫌い!」と相手に思わせて(言わせて)しまったら、だめなんですよね。

5.過去の日記 6.前日
PCサイトはこちら

次は another answer