Diary of thirty one syllables
一行の歌に何を託す

次は


過去の日記
2019年11月(20)
2019年10月(20)
2019年09月(26)
全て表示


メニュー
プロフィール
ホームページ


管理者用
パスワード



count

モバイル

交換日記レンタル - nikkijam

2019/12/14(土)
タイトル


夢に見るかけらを集めて組み立てる走り出すのは赤大鳥居

2019/12/13(金)
タイトル


ましゅまろが悪意を隠して沈めると思っているならそれは気のせい

2019/12/11(水)
タイトル


本来はまだ手が届かぬ階梯の技術に機会を得るならばとぞ

2019/12/10(火)
タイトル


黒に赤色を合わせて装うが手袋なんと白しかないとは

2019/12/08(日)
タイトル


真っ黒な豆を挽いても真っ黒で何が違うか分からないまま

2019/12/06(金)
タイトル


もふもふのえぞのたぬきになぞらえてなぜにみうちをだきしめる

2019/12/05(木)
タイトル


目の前を歩く女性のカートには今日は鍋だね分かる共感

2019/12/03(火)
タイトル


冬が来て寒さに震え耳の奥痛んで鳴るも止めるすべなし

2019/12/02(月)
タイトル


朝に昏く垂れ籠める雲の厚みを確かめて表に出るにも二の足を踏み

2019/12/01(日)
タイトル


山の上雲がよぎって縦に割る青が覆われ雨が降り出す