Too-orderly-for-chance

次は


過去の日記
2019年07月(1)
2019年06月(33)
2019年05月(27)
全て表示


メニュー
プロフィール


管理者用
パスワード



count

モバイル

交換日記レンタル - nikkijam

2019/08/28(水) 17:00:39
タイトル 久しぶり 今日の気分元気!


手術は無事終わり、後遺症の心配もなく元気にやってます。
でも親知らずで……恥ずかしながらこの間抜きました。

病気で受けた手術は術中ずっと眠ってたし、その後もすごい眠気があり、痛み止めの薬もあったので痛みはあまり感じなかったんだけど、親知らず抜歯のとき歯茎に麻酔打ったのがすごく痛くて!
骨折したとき並に痛かったのではないか!って感じ。正直舐めてました笑

で、今日抜糸だったんだけど、回復力が低くて穴が開いた部分の歯茎が膨らまなかった?らしくて、今日軟膏詰めてもらったよ。それすらめっちゃ痛いの!
来月退院するけど、まだ親知らずもう一つ抜かなきゃなんだ(´・-・`)

来月には家事とか近所に行くとかはできると思うって言われたよ。
筋肉落ちてるから運動もしたいし、仕事もしたい。10月くらいには復活予定。

とりあえず私は元気! 紺くんも体の調子は良くなったんだね、良かったー。
実家、お父さんとは仲直りできたかな?

病院にいると季節感があまりない。暑くも寒くもなく、今日雨なのかとか、世間でそんなことがあったのか、とかニュースで知って。眠くなったら眠り、検温や食事で起こされ、夫以外に入院すること言ってないから特に来客もなく……日常感が薄れていってちょっと怖い。

私の知人にも検査入院して難病指定されている病気だったらしく、入退院繰り返しているひとがいる。
私より一回りくらい離れているけど、私自身歳を重ねるごとに身体に不具合が出てきて、検査した結果これだったから、本当に気をつけた方が良い。紺くんも何か異変を感じたら、病院に行ってね。

2019/08/15(木) 21:17:42
タイトル こんばんは


廻。遅くなってごめん。
えーとまず、体調は大丈夫です。心遣い、ありがとな。
今は盆休み中で、今日実家から戻ってきたとこ。

廻の体調はどうかな。
ごめんな、俺全然来られなくて、手術は無事に終わったんだろうか。
術後はどれくらいで普通の生活に戻れるのかな。
ここんとこは暑くてしんどいから、病院の方がもしかしたら過ごしやすかったりするのかな。

年のせいか、周りからぽつぽつ病気をしたって話をよく聞くようになった。
健康第一って言葉を痛感してるよ。
廻も、元気でいますように。

2019/07/25(木) 06:23:44
タイトル 無理しないでね


たくさん休んで、心も体も元気になったらここに来てね。
またお話しよ。何でも良いんだ、紺くんとなら。
辛いこと、溜め込まないようにね。
私は大丈夫だから、今はゆっくりしててね。

2019/07/23(火) 21:49:25
タイトル 遅れてる


ごめん、俺もちょっと体調崩してる。
なので廻は何も気にせずに待つように!(笑)
体調はやっと回復傾向なので、数日中には来られると思う。
音信不通でごめんな。

2019/07/12(金) 00:21:12
タイトル 当たりです


一昨日パートナーのおかあさんとデートに行き、その夜からちょっと風邪を引いています。
季節の変わり目はどうしても弱っちゃうね。
しばらく外出禁止令を出され、しくしく家で仕事してます。
手術もあと一ヶ月を切ったので、それに向けて体力作りに筋トレしてるよ。

ありがとう、待ってるね。
私は紺くんが、私のためにああ言ってくれたのだと思っていたので、存外ショックではなかったよ。紺くんの伝えたかったことは、多分あの頃の私にも伝わっていたと思う。
jamや字書きから離れるきっかけにはなったけれど、後悔してないんだ。

忙しいときは無理しないでね。
ちゃんと休息とってね。スイカ食べると良いよ!
おやすみなさい、紺くん。

2019/07/11(木) 21:29:46
タイトル 少しだけ


こんばんは。
体調どうだ? あんまり無理しないようにな。
ちょっと梅雨寒っぽいから、廻が風邪を引いてるような気がする。当たった?

過去ログ、読んできたよ。
俺結構きついこと書いてるなって思ったんだけど、いちお弁解しとくと、俺から見て、書くことが辛そうにみえたんだ。だから書かなくても良い、無理して書いて嫌な気分になるなら書かなくたって生きていけるんだって言いたかった。
当時の俺の書き方だと、さっさと諦めろ的にも読めるな。ごめん。

ちょっとまだバタバタ忙しくて、もう少し中身のあるレスをしたいんだけど……!
取り急ぎは俺もちゃんと読んだよの印だけ置いていく。

2019/07/06(土) 17:57:45
タイトル 遅くなってごめんね 今日の気分終わり


あのときスルーしないで、ちゃんと思ったことをそのまま返してくれてありがとう。遅くなってごめん。
あの返信も、今まで交換してきた言葉も、すべて紺くんの優しさだってこと分かってた。今まで言えなくてごめん。甘えてた。

もうずっと小説書いてないんだけど、久々に書きたいなと思う気持ちが膨らんでいるんだ。正直書くことと向き合うのは怖いんだけどね、想いを乗せられそうだと感じる題材があった。
頑張ってみる。


……止まっているもの、忘れているわけではないです。(こんなところでごめんなさい)
当時使っていたメアドが消えていて、困った。パスが分からないのがある。

2019/07/06(土) 17:56:40
タイトル ここからレス 今日の気分続く


改めて、今まで書けなかったレスです。
「表現」と書いたけれど、実際は文章丸々コピーだったので、話がずれてしまいました。
私も表現が他の人と被ることはたくさんあるし、そこに憤っていたわけではないんだ。紺くんの言うとおり言葉は豊富だけど、限られているから。
でも丸パクは違う……よね?(例え1ページに満たなくとも、丸々同じ文章だった)
完コピはもっと違うはず。
まあ公開した以上はコピペされてもおかしくはないけれど、そのときは本当に衝撃的だった。
話を戻すと、私は同じ創作活動をしている人が、コピペなんていう手段で何かを得ようとしていたことに憤っていたんだ。

自分が書くものに面白みを感じられないと言ったことについて、紺くんが言ってくれたことはすごく響いたし刺さった。そのとおりだなあって。
私は臆病だ。目を逸らす以外に何をしていたんだろうって。
映画を観たり小説や漫画を読んだり音楽を聴いたり友達と話したり、色々と参考にして、自分が経験したことや見た夢や、どこかで起こっている事を、自分の中で何とか組み立てて書いてきたんだよね。でも視野が狭かった。もっと広げることをしなかった。
自分が書く文章も嫌いだったけど、当時は直せるほどの器用さも持ち合わせてなかったし、ジャンル転換するほどの知識もなかった。
その後は色々書いてみて、自分でも好きだなと感じられる、しっくりくる文章を書けるようになった。自分が書いたものを好きだと思えるようにもなった。

2019/07/06(土) 17:56:07
タイトル 前置きと言い訳 今日の気分続く


好きな作家さんの文章丸パクは本当にむかついた。それあなたが考えた文章じゃないじゃないって。そんなんやっててよく物書き名乗れるねって。そういう人と交流したくないし一緒に書きたくなくて、当時参加していたリレーから抜けた。
本当の理由は管理人さんには言わなかった。私のために卒業のシナリオを一緒に考えてくれて、ちゃんと最後まで書かせてくれたことには本当に感謝している。

あと私自身の文を完コピされて気づいたんだけど、こんなもの誰でも書ける、名前を挿げ替えただけで違うキャラたちのものになってしまうくらいのつまらないものだったんだなって改めて思い知らされた。
何のために書いているのか。私の場合は、私が楽しいから書いていた。それしか夢中になれるものがなかった。あと当時色々悩んでいて、文字を書くことで現実から逃げていた。現実逃避のために書いていたのが一番大きな理由かな。書いている間は、それだけに向き合っていられるから。
幸いにも書くこと(小論文とか古典文学等についての論文だけど)で良い点を取ったり褒められたりしたこともあり、あらゆることに自信を持てなかった私の、唯一つの誇りになっていた。だからアイデンティティという強い言葉を使った。私はとても田舎で学んでいたし、その小さな世界での話だけれど、当時の私にはそれがすべてだった。
(もちろん今は違うって分かってる)

憤りとか呆れとか虚無感とか、色々な感情が爆発して、もうどうでもいいやって思って、文章を書くのが嫌になった。
で、日記に書いちゃった。
これが前置きで、言い訳。

2019/07/06(土) 17:54:33
タイトル 今更 今日の気分続く


ずるいけど、先に言い訳や前置きをしてしまいます。
かねてより返信したいと思っていたことを、今更だけど返すね。なんでこんな話、今更……と思われるだろうなって自分でも感じちゃうんだけど。
気にしているのは私だけなんだろうなって思うんだけど、ようやく向き合えた気がしたので。
こんなに遅くなったのは、自分と向き合うのが怖かったからで、決して紺くんにきついことを言われたからではない。それよりも感謝しているし、(あのとき欲しかった言葉じゃなかったのは事実なんだけど、それよりも自分の馬鹿さに自分でも呆れ、気づかされたことの方が大きい)今向き合うと本当にそのとおりだよなって思って。
ただちょこっと言い訳しちゃうと、あのとき私はオブラートに包んでいたけれど、事実は結構違っていたのです。

えーと、あのときっていうのは、この日記で言う2006年11月のこと。
私は好きな作家さんの文章を丸パク(コピー)されていたことに憤っていた。
加えて、そのとき私が二次創作で書いていたものを完コピされ、名前だけ挿げ替えられているものを載せているサイトがあると報告され、それになんか拍子抜けしたっていうか空虚になっていたというか、呆然としていた。