rebel

金木犀

次は rebel


過去の日記
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年11月(1)
全て表示


メニュー
プロフィール


管理者用
パスワード



count

モバイル

交換日記レンタル - nikkijam

2018/04/22(日) 19:05:37 rebel
タイトル 信念


世渡りとか、融通とか、
そんなもの一寸もない。

やはり、白か黒。0か100か。

それでいいと思う。

死ぬときに、後悔しないようにだけ。


やはり、和徳から連絡あり。
相変わらず面白いな。
和也も和徳も、みんな。

俺なんかと友達になってくれたやつは
みんな面白い。
みんな良いやつだな。

それだけで良かった。

2018/04/22(日) 17:23:18 rebel
タイトル 電話


アメリカに行っていたはずの友人
である和也からの電話で目が覚めた。

数年前から日本にいたらしい。
株で食べていると言っていた。

あと、行方のわからない友人、臼井を
探していると言っていた。

学生の頃、和也のホームステイ先に
入れ替わりで臼井が入ったそうで、
和也は、それなりに可愛がってもらったそうだが、
和也が日本に帰ってきてからそのアメリカ人の
夫婦から電話があり、「臼井は何て子だい?」
と愚痴を言っていたそうだ。
それから、その夫婦はホームステイの
受け入れをやめたのは言うまでもない。

そんな臼井の行方がわからないそうだ。

臼井なら、親友だった和徳が知ってるんじゃないか?
と適当に言っておいた。

今夜あたり、和徳から連絡があるかもしれない。

何だか、楽しくなってきた。

2018/04/05(木) 09:52:57 rebel
タイトル 4月5日


大阪時代の仲間が引っ越したばかりの
マンションに遊びにきた。
小野さんと数人。
小野さん以外は覚えていない。
「一人にしては広いね」と言ってくれた。
コタツに入って食事をした。
そのあと、コタツで横になった。
なぜか関西弁ではなかった。
皆の新たな仕事の話を聞いた。

ただの夢だけどね。

2018/03/29(木) 15:20:42 rebel
タイトル


ひとりで過ごす週末の夜も
いつしか普通のことになった

何をして過ごそうか考えるのも悪くない

マンガを大人買いするのもいいし
映画を二本ほど観るのもいい

その場合、買い物は欠かせない
セベナップとパップカーンは準備したい

何と言っても、週末の夜は長いのだ

2018/03/01(木) 02:35:26 rebel
タイトル


こんな人間になりたい
という理想が明確にあったにも関わらず
なかなかそんな人間にはなれない。

元々生まれもった質は変わらないから

猫が虎に憧れても、虎にはなれないのと
同じような気がする。

生まれ変わったら虎になりたい。

誰にも負けない猫ではなく
本物の虎になりたい。
自分を主張せず、小さなことを気にしない、
内に秘めた優しさを持つ本物の虎になりたい、


でも、やっぱりいいです。
誰も信用しない、誰にも愛されない
ひねくれたあまのじゃくでいいです。
そしたら、大切な人との別れも
悲しまなくて済むから。
今のままでいいです。

2017/12/24(日) 13:29:07 rebel
タイトル 城山公園


すごく色々なこと思い出したようで、
しっかり思い出せない。
姪っ子とタワーに登る。

桜がきれいだったはずだよね。

2017/07/21(金) 21:22:47 rebel
タイトル end


己の信ずる道を歩む孤高の人

そんな人でありたい

もし、社会から抹殺されても
それが自分の信じる正義によるものなら
決して悔いることはない。

君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず

君子でありたい


2017年12月22日冬至

2017/03/01(水) 00:13:20 revel
タイトル full name


不思議な名前だ。
その名前はいつもfull nameなのだ。

嫌なことがあっても、
その名前を呟くと不思議と落ち着く。

どんなに傷付いても、
その名前で不思議と癒やされる。

布団に入って、その名前を呟くと
体に電気が走るように温まる。

たぶん、
世の中のどんなお守りよりも
ご利益のあるお守りのような
そんな名前なんだと思う。

たぶん、
死ぬまでずっと守ってくれる。

でもね、
このことは誰にも言わない。

でも、本当のことを言うと
本心では、死んだら伝えてほしいと思っている。

誰にも言わないけど、
死んだ後に
いつか伝わったら。と思う。

これが、
この物語の終わりです。

2017/02/18(土) 17:46:36 revel
タイトル ため息


「ここですれ違った」

「ここですれ違った」

「ここですれ違った」

「ここにいた」

もう一度だけすれ違いたいなぁ。