小さな魚の金細工
三界の狂人は狂せることを知らず

次は


過去の日記
2018年01月(1)
2017年11月(3)
2017年06月(1)
全て表示


メニュー
プロフィール


管理者用
パスワード



count

モバイル

交換日記レンタル - nikkijam

2019/02/10(日) 10:05:49
タイトル


どこまでも
己の心を差し置いて
見付け出せたら
光る石

いらえもせずに
はなしもせずに
見つめるだけの
相手なれども

それをよすがに
前に進むか
横にそれるか

2019/02/06(水) 00:23:11
タイトル 山羊


八木

矢木

屋宜

家木

谷木

夜岐



櫃寺

氷辻

未年

日辻

弼時

比津路

2019/02/03(日) 00:43:52
タイトル


ソビエト社会主義共和国連邦

という語を久し振りに聞いた

共同体形成とか

非常に危ういと思うよ

2019/02/02(土) 21:06:58
タイトル


肉の
匂いが
立ち込めて
噎せる

2019/01/30(水) 20:48:27
タイトル 欲を


紅い花を 壁に配して 顔よりも 大きい

赤と 青と 緑

輪になって踊る

裸体

尻と乳房

顔のない

2019/01/28(月) 11:15:30
タイトル 群れて


人々が群れて

群れて

群れて

怒号が飛び

叫び

歌い

酔い痴れて

ものを見ない

混乱

集合知



衆愚

の境

軍と警察

治安

血と暴力が

何を正せる

2019/01/16(水) 10:34:30
タイトル かつて


失った物は戻らず、

欠片だけを

拾う


記憶の網の中に


投げ入れて


綯う

2018/08/20(月) 20:10:51
タイトル 夢よりも


遠い


記憶は


形を変える


それもまた


救いならば

2018/04/24(火) 14:44:49
タイトル 雨季


日本には


冬と


夏だけが残った


亜熱帯

2018/02/27(火) 13:15:29
タイトル


春来たる


梅が一輪



見入る



触れられない